創業百年記念 古今染展 at 東京日本橋

皆様
こんにちは!
「創業百年記念 古今染展」のご案内をお届けします。

「創業百年記念・古今染展」開催のご案内

大正八年の創業から昭和、平成を経てこの新しい時代を迎えるタイミングで
創業百年を迎えあられたことはひとえに皆様の温かいご支援の賜物と心から
感謝する次第でございます。今回は新しい時代を迎えるにあたり、平成初期に
大ヒットした作品を再び今の色で染め上げました。当時をご存じの方も初めて
目にされる方にも楽しんでいただける企画です。また新しい時代にふさわしく
今までになかった大胆な色違いや柄にも挑戦しました。「古きを今に伝える」
古今のなの通り、技術を守りつつ新しいことにも挑戦し続けて参ります。
今後も伊勢型紙、伊勢型小紋の伝統を守るため日々研鑽を重ねて参ります。
是非この機会に御高覧頂きますよう、職人一同お待ち申し上げております。

■ 日時 令和元年9月1日(日)~9月4日(水)
     10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)
■ 会場 NFビル8階特設会場(福和商事株式会社様貸会場)
■ 出品作品
     人間国宝 中村勇二郎・人間国宝 六谷梅軒・人間国宝 南部芳松
     上記三紙の彫刻型を使用した伊勢型小紋
     博多本袋帯・新作染帯
     京もの認定工芸士 大槻泰之・野村悟史・作品多数

会期中のご連絡・お問い合わせは各担当者までお願いたします。
090-8883-0295 (安江)
090-1112-7258 (梅田)
090-4717-6032 (瀬原田)

IMG_4798

ちなみに・・・・

IMG_4543

この暑い夏、扇風機があればいいなぁ~と話していたら、、、
ハンディ扇風機をプレゼントしくれました(笑)
うれしかったです!!
近所の大好きなくら寿司でした!!

板洗い

日にちが前後いたしましたが、
板洗いの様子です。
毎年祇園祭で室町がお休みになるタイミングで
板洗いをします。今年は7月12日でした。
一年お世話になった板に前日から水をかけて
ふやかしてから、翌日工場全員総出で洗っていきます。
祇園祭の間に乾燥させて、また糊を引いてから
一年間使うのです。
今どきこんな事している工場はあるのでしょうか?
今年も見学の方が来られていたようです。
私はあいにく出張で留守でした。

 

IMG_3178 IMG_3179 IMG_3180 IMG_3182 IMG_3183 IMG_3184

流水更紗

こんにちは!

祇園祭もそろそろおわります!
北海道から戻ると、帯が出来上がっておりました!

伊勢型紙突き彫り人間国宝の南部芳松先生の
「流水更紗」の袋帯です。

IMG_3731

IMG_3732

色使いを少し個性的に仕上げてみました。

いかがでしょうか?

なかなかのええできばえです!

アンモナイトの帯

みなさん
こんにちは。
毎日暑くなってきましたね~

お待たせしております?!帯、そろそろ完成です!!

チョイ見せです・・・・

DSC_2669

こんな個性的な帯、気に入ってくれる人
いるのだろうか。。と思いつつ作っていましたが、、、
やっぱり、よくできました!!(笑)
いつも通りの自信満々な出来上がり!!

考えていたものが100点満点以上で出来上がるとうれしい!!
私のデザインとかイメージを、仕上げてくれる
職人達、スタッフに感謝です。

このデザイン、私の考案からの、スタッフの高い技術が
相まって、すばらしいものになりました!

心底うれしいです!!

感謝しかないですね~~

ついでに

DSC_2671

工房で育てているシリーズ

グラジオラス

白くて美しい花が咲いてくれました。

きれいですよね!

私はきれいな女性にますます
美しい女性になってほしい!

着物ってロマンだと思いますよ!!

では、また!!

アンモナイトの帯は加工中!

みなさん、こんにちは!

以前アンモナイトの着物のご紹介はいたしましたが、
今回は帯を掲載しておきます。

IMG_8473

アンモナイトは1億3500万年~6500万年前まで
水中で生息していました。
大地と水の気を含んで化石化しています。

そのことから、金運財運アップの縁起物とされています。

意外でしょう?

IMG_8476

深山染の技法を使ってぼかしを入れていきます。
このぼかし加減がなかなか難しいのです。
もう少し!と思うと濃くなってしまったりするのです。
職人の技術の賜物です!

IMG_8481

きれいでしょう(*^_^*)

発表までもう少しです。

もうしばらくお待ちください!!

工房のお野菜

こんにちは。

暑くなったと思ったら、涼しくなったり
季節を忘れてしまいがちですよね。。。

6月1日から暦では、一応単衣のはじまりですが、
現在は気温も暑くなり、その辺も変わりつつあります。
ウチでも着物で対応しております!!

さわやか縮緬を裏をつけて袷にしてみたり。。。
(夏単衣の涼しい素材なので、暑がりの方にもぴったり!とか)

ゴールデンウィーク明けに書いていたつもりだった
「野菜ネタ」
投稿しそびれていました。

IMG_7952

IMG_7953

この子たちが、なんと先日
食べられるようになりました(笑)

DSC_2618

DSC_2618

DSC_2619

DSC_2619

あっという間に
実がなりました!!

その後、ウチのスタッフの、、、
胃袋に収まったことかと・・・

ものつくりをしているわが工房、

物を作り
人を育て

時々、野菜とか魚とかも育てています(笑)

仕事時間中はそれぞれ真剣に仕事に向き合いますが
お休みはしっかりととりますよ!

私は経営者ですので、四六時中、経営、図案
人員、新しいアイディアを考えていますが、
遊びの部分がないといいものはできないのかな?
なんて思います!

また(*^_^*)

新作の帯を試作中!

こんにちは!

暑い日が続いておりますね。
いかがお過ごしですか?

博多献上の名古屋帯の試作の仕上げをしています。

博多の織物の上に伊勢型紙の細かい柄を
本当に置くのは難しいです。
それを両面にするのです!!

IMG_7823

こんな感じですよ。

人間国宝の六谷梅軒先生、南部芳松先生の
国宝二人作が新しいパターンで誕生するのももう少しです!

IMG_7825

もうしばらくお待ちください!!

IMG_7822

↑最近工場で撮影した私です!

平成最後の叫び

平成最後の今日。
明日からは令和。

染処古今は今年で満100歳!!
記念すべきこの年に、新しい時代を迎えることが
できるのは大変喜ばしい事です。

大正・昭和・平成・令和と連綿と会社の歴史を
つなげていけている事に感謝しています。

平成最後にお伝えしたい事

「着物は白銀の衣(きぬ)である」

一反の反物に必要な700~750グラムには
約2000~2800粒の命が織り込まれています。

絹は白色ではない、
命の輝きの色です。

白生地と呼ばずに、「白銀」と呼び
絹と呼ばずに、衣(きぬ)と呼び

縁起の柄を
「白銀の衣(きぬ)」に染め続けていきたい。

日本の柄の中に込めれている
いにしえより語り継がれた物語を
これからも伝えていきたい。

大正・昭和・平成もお世話になり、
ありがとうございました。

これから始まる令和の時代も
なにとぞよろしくお願いいたします。

染処古今 
四代目 安江敏弘

PIC00015B

PIC000159

新たなチャレンジ!!

こんにちは!

今また ”世間にはないもの” にこだわり
皆で試行錯誤しながら、作りあげています。

まず、名古屋帯。
博多献上の上に伊勢型紙で型を置く。
しかも両面です!!
片面には ”常盤染め” を施します。
そして、片面ずつ、違う人間国宝の方の型紙を
使います!!!
ということは、この名古屋帯は、二人の人間国宝の型紙で
二つの技法で染められるということです。

こんな帯、ほかにありますか??
日本中探しても、他でできないそんな着物や帯を作りたい!!

IMG_0292

二つ目は、袋帯。
袋帯にも ”常盤染め” を置きます。

この ”常盤染め” とは、生地に一度型を置いた後に、髪の毛一本くらい
ずらしてもう一度染めることによって、影ができます。
立体感ができるので、3Dみたいに見えますよ。
昔はこの技法ができる工房は他にもありましたが、
今ではもうないようです。

IMG_0291

織物の上に、緻密な型紙を置くことは大変困難でした。
色々と試験実験を重ねて、進んできています。
また秋あたりに発表できるかと思います!!

お楽しみに!!

お花見

みなさん
こんにちは!

今年は寒暖の差が激しいというか、
おかしな天気でしたね。

うちの工房でも、面白いことがありました。

DSC_2657

鉄線が満開です!!
真っ白な鉄線が次々と咲き、楽しませてくれました!
確か鉄線は夏のお花ですよね。
ただ早いのか、狂い咲きなのか・・・・

もちろんお花見にも行きましたよ(*^_^*)

少し前ですが。。。

定番の八坂神社のしだれ桜。
相変わらず美しかったです!

IMG_2414

IMG_2416

でも全国から、海外からもたくさんの方が来られていて
とてもにぎやかでした!

来年も元気でこの桜を見られるように
頑張ります!!

#染処古今 #古今 #伊勢型小紋 #江戸小紋 #京都 #kyoto #伊勢型紙 #桜 #八坂神社