梅雨入り

やっと梅雨に入りましたね。京都はこれから蒸し暑い日々が続きます。

6月1日は暦では衣替えです。昔はこの日までに母親が家族の着物を準備するのが習わしでした。それも素晴らしい文化だったと思います。

しかし現代社会においては、そういう風習は薄れてきています。

きものの世界では、6月と9月は単衣の時期、7月8月は薄物の時期。鉄則ではありますが、伝統文化の世界以外はあまり気にしてなくてもよくなっています。

そこで、単衣と薄物の時期に着て頂ける着物を作らなければと思い、研究をしていました。5年ほど前に濱ちりめんの白生地業者と協力して、オリジナルの生地を完成させました。

「さわやか(三越織縮緬)」 です。この生地は780グラムあり、その風合いはどっしりしていて、シャリ感があります。5月頃から10月のかけて着用頂けます。

とくに茶道愛好家の方々から好評のようです。おしゃれな柄からフォーマル用まで柄も様々です。

暑い時期ではありますが、すがすがしく着物姿で街を歩いてほしいです(*^_^*)


梅雨入り” への2件のコメント

  1. 過日は素敵な時間をありがとうございました。
    職人さんとおっしゃる方々にはいつも敬服を
    致しております。確かに友禅も素晴らしいの
    ですが、型紙職人さんのお仕事は別の意味
    で素晴らしいです。紬、綴れ織りも然り、以前
    拝見した西陣織源氏絵巻以来の感動でした。
    誂えさせていただいた着物を大切にしたいと
    思います。本当にありがとうございました。

    • 弥勒菩薩ファンさん

      メッセージありがとうございます。

      我々の想いを感じて頂けて光栄です。
      作られたお着物もしまっておくのではなく
      普段着に沢山きて頂ければと思います。
      是非、伊勢型紙のお着物をお召しになって、
      京都の工場まで遊びに来てください!!

      お待ちしております!(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>