二重鮫

こんにちは

私の工房で作られている着物の一つに、「二重鮫」があります。

ちょうど制作途中の物があったので写真をとりました。

nijyuzame

すごい不思議な感じしませんか?

薄いところが一度の糊置き、濃いところが二度の糊置きをしたものです。

「鮫小紋」は二代目六谷梅軒先生、「鳴門の渦潮」は人間国宝初代六谷梅軒先生の型を使用しております。

わざわざ二回のりおきをして、染めるのです。
そうすることで、「透かし」のように見えると思いませんか?

面倒ですが、味わいのある着物ができるのです~~


コメントは受け付けていません。