板洗い

みなさん
こんにちは!

京都では祇園祭の最中です。
二年ぶりに鉾が立っているので
本当に祇園祭だなと感じます。

昔から呉服業界の会社が集まる室町界隈は
祇園祭の鉾町の為に通常営業ができません。

その期間を利用して、板洗いをしています。
今年もその恒例行事は健在です!!

板洗いとは一年間使った板の糊を落として
乾燥させて、また新しい糊を置いてく作業です。

古今では102年間続いている行事です!!!

(伊勢型小紋は型染めなので、板に生地をはりつける
作業が必要です。)

前日には、板に水をかけておいて
糊をふやかしておきます。
IMG_1632

職人が総出で、板をブラシでゴシゴシとこすって
糊を落としていきます。
一回では落ちないので、何回も繰り返していきます。
IMG_1631

IMG_1622-1

敷のりの作業は、、、、
十分に板を乾かしてから、餅糊を置いていきます。
熟練の職人の野村さん。
滑らかに糊を置いていきます。
IMG_1624

若手職人の石井君。
彼は勢いのある動きで糊を置いていきます。
IMG_1625

これは餅糊を張り付けている桜の木のへらです!
大正8年から100年以上使っている、貴重なものです!!
IMG_1628

また一年間、板にも頑張ってもらって
いいものを沢山作っていきたい!!

がんばります!!!


コメントは受け付けていません。