板洗い

こんにちは!!

京都は祇園祭で賑やかです。
着物の問屋街である室町は、鉾町の為に休業するところが多いのです。
昔から室町は祇園祭の時は車両が入れないためです。

古今では、この時期に合わせて毎年”板洗い”をします。

前日から板に水をかけて、糊を緩ませます。

itaarai2

13日の朝から、一年間お世話になったこの板の糊を落とします。

itaarai1

工房スタッフ総出です!!
繰り返し、ひたすらゴシゴシ糊を落としていきます。
ひたすら!(^^)!

そして祇園祭の間に乾燥させるのです。

それが終われば、また糊を引いて、一年間お世話になるのです。

これは伊勢型紙の染めの基本ですね!

古今では手抜きせずに、昔ながらの作り方を大切にしながら、ものづくり、つづけてます!!

板洗い、見学希望の方は来年どうぞ!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>